健康食品で毎日スマイル~病気や悩みをサラっと解決~

身体に重要なEPA

EPAには生活習慣病の予防効果があります

medicine

EPAと言う言葉をご存じでしょうか。エイコサベンタエン酸と言います。脂肪酸の一つです。脂肪と聞くと体に悪いイメージを持たれるかもしれません。しかし脂肪酸には不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸とあります。不飽和脂肪酸は融点が低いため体内で固まることはありません。イワシなどの青魚に多く含まれています。冷たい海水で暮らす魚の体内でも脂肪が固まらないようになっています。一方、飽和脂肪酸は牛や豚の脂に多く含まれています。融点が高いため、常温で固まることもあります。このEPAは人間にとって素晴らしい効果を発揮してくれます。動脈硬化の予防や花粉症やアトピーの改善、中性脂肪を減らす働きがあるのです。まさに現代人の多くが抱えている問題にぴったりと適合します。

血液をさらさらに保って脳梗塞予防

前述のEPAの効果に動脈硬化の予防や中性脂肪を減らすと説明しましたが、これらは最終的には、脳梗塞を予防するということです。動脈硬化は、文字通り血管が硬くなることです。硬くなると、血管内が狭くなり詰まってしまうことがあります。血管が詰まってしまうと壊死したり、破裂してしまいます。それが脳で起きると脳梗塞となります。血管が詰まる原因は、どろどろの中性脂肪と悪玉コレステロールの多い血液です。血液をサラサラな状態に戻すことが、健康への第一歩です、そのためにはEPAを多く含む青魚を積極的に食べたいものです。しかし毎日青魚を食べることには無理があるかもしれません。EPAサプリメントを上手に利用するといいでしょう。サプリメントなら確実に1日に推奨される量を摂取することができます。青魚を料理する際、特有の臭いを気にされる方もいますが、サプリメントならその心配もいりません。各社からEPAサプリメントが多数発売されています。錠剤タイプからドリンクタイプまであるようです。